ブライダルチェックの目的と基本的な検査項目

赤ちゃんを希望する夫婦なら検査しよう

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

ブライダルチェックを受けてみよう

人によって、妊娠しやすい人としにくい人がいます。 しにくい人は、具体的な理由を調べることで努力の方法がわかります。 本当に赤ちゃんを授かりたいなら結婚する前に、男女共にブライダルチェックを受けましょう。 お互いの結果を見て、改めて結婚を誓ってください。 続きを読む

赤ちゃんを授かるため

なぜブライダルチェックをするのでしょうか。
それは、将来妊娠しやすくするためです。
仮にブライダルチェックで妊娠が難しいという結果がでても、それに応じて必要な努力を知るためです。
今は妊娠するためにタイミングを調べたり、生活習慣に気をつけるなどの努力ができます。
以前のブライダルチェックは女性が実施するものでしたが、今は男性も一緒に調べるのが普通です。
男性に問題があるケースも多いので、努力する部分があれば改善しましょう。

女性は、初経の時期や生理周期をチェックします。
また過去に人工中絶をしたことがあるかも聞かれるので、隠さないで回答してください。
中には、これから結婚するパートナーに、そのことを伝えていない女性もいるでしょう。
しかし事実を隠したまま、結婚するのはよくありません。
この機会に、過去に人工中絶をしたことがあるなら伝えてください。
他に、アレルギーの有無や持病を持っていないか聞かれます。

男性は女性よりも、調べる項目が少なくなります。
まず精子の数と運動量を調べます。
他にはHIVや性病などにかかっていないか、詳しく検査します。
男女共に、腎臓や肺などの臓器に異変が起こっていないかチェックすることもあります。
どの検査も、プライバシーは守られるので安心してください。
赤ちゃんを授かるため、ブライダルチェックを受けて結果を確認しましょう。
努力しなければいけない部分があれば、夫婦で協力して乗り越えてください。

男女でチェック項目が異なる

女性は、調べることがたくさんあります。 月経が始まった年齢や、中絶をしたかどうか聞かれます。 また卵巣や子宮に異変が起こっていないか、チェックしなければいけません。 言いたくないことを聞かれるかもしれませんが、隠していると正しい結果がわかりません。 続きを読む

男性は何を調べるのか

男性は、精子の数や動きを調べます。 さらに感染症にかかっていないか検査するので、医師の指示に従ってください。 男性は調べる項目が少ないので、早く結果がわかると思います。 もし自分が原因で女性が妊娠しにくくなるという結果が出ても、ショックを受けずに対応しましょう。 続きを読む